リロケーションは空き家や空室を有効活用できる不動産ビジネス

リロケーションは空き家や空室を有効活用できる不動産ビジネス リロケーションとは転勤などで一時的に自宅やアパートを留守にする居住者の自宅を、一定期間留守宅管理をしたり賃貸したりする不動産ビジネスのことです。
リロケーションの語源は、英語で移転または配置転換を意味するrelocationから来ています。
自宅で宿泊業務を行うことにあたるため以前は禁止されていましたが、平成12年3月に施行された定期借家権により許可されました。
メリットは何と言っても賃貸収入が生まれることで、自宅のローン返済が残っている場合は賃料でローンを支払っていけます。
家は人が住まないととたんに劣化していくため、貸し出しした人に雨漏りの修理や庭の手入れなどをしてもらうことで、経年劣化を緩やかにしてもらうことも可能です。
近年は高齢の親が住んでいた一軒家が空き家になってしまい、売却できないまま固定資産税だけがかかってしまうケースも増えています。
購入は予算的に無理だけど賃貸したいという希望者は意外と多く、売買よりもハードルが低いため、空き家はリロケーションで貸し出すのが得策です。
リロケーションの需要とともに貸したい人と借りたい人を仲介する代行業者も増加しており、借家権や不動産ビジネスの知識が無い人でも気軽に賃貸できるようになりました。

リロケーションは法律が改正されたことにより普及した

リロケーションは法律が改正されたことにより普及した 日本でのリロケーションとは英語で移転や配置転換を意味する言葉から取り入れたもので、英語での移転や配置転換という意味合いから変化して、転勤して留守にしている住宅を管理する、不動産会社が提供するサービスのことを指します。
リロケーションが普及するようになってきた理由として挙げられるのが、借地借家法という法律が改正されて平成12年の3月から施行された定期借家権によって、ある程度の期間が経過したら契約を完了することが法律上出来るようになりリロケーションを依頼する方が多くなったためです。
日本で最初にリロケーションのサービスが提供され始めたのは、昭和59年に専門会社が設立されてからになります。
当初はマイホームを賃貸物件として貸し出すだけではなく、転勤に伴う全ての手続きを支援するサービスを行っていましたが転勤中に自宅を貸し出し、戻ってきたときに明け渡してくれるサービスが特に受け入れられるようになった訳です。
そしてテレビコマーシャルの影響もあって、もっと注目されることになりました。
従来であれば転勤した人の自宅は売却するか空き家にするしか選択肢がなかったところが、新たに賃貸物件として貸し出す選択肢がもう1つ増えたことになります。

物件 特性

失敗しないリロケーション方法